イ・ヨウォン、ユ・ジテ、イム・ジュファン、ナム・ギュリ、4人の悲壮感…『異夢』メインポスター




3.1運動および大韓民国臨時政府樹立100周年記念ドラマ『異夢』のメインポスターを初公開した。ドラマの重い雰囲気と共に激動の時代を生きたイ・ヨウォン、ユ・ジテ、イム・ジュファン、ナム・ギュリの悲壮さが感じられ視線を引く。

来る5月4日(土)初放送予定のMBC『異夢』(演出:ユン・サンホ/脚本:チョ・ギュウォン/製作:異夢スタジオ文化専門会社)は、日本植民支配期の朝鮮を背景に、日本人の手で育った朝鮮人医師のイ・ヨンジンと、武装した秘密結社の義烈団長、キム・ウォンボンが展開するスパイアクションドラマ。 イ・ヨウォン、ユ・ジテ、イム・ジュファン、ナム・ギュリ、ホ・ソンテ、チョ・ボクレなど、しっかりとした演技力の俳優達。「師任堂(サイムダン)、色の日記」、「太王四神記」などを演出したユン・サンホ監督、「アイリス」シリーズを執筆したチョ・ギュウォン作家が意気投合した、2019年5月、最高の期待作に関心を高める。

そんな中、『異夢』側が12日(金)メインポスターを初公開した。1930年激動の時代、国と民族の独立の為に影のように過ごしたイ・ヨウォン、ユ・ジテ、イム・ジュファン、ナム・ギュリの重厚な存在感が目を引く。特に四人の意味深長な目つきが見る人の心拍数を急上昇させており、彼らにどんな事情があるかと好奇心を刺激する。

イ・ヨウォンは日本人の手に育った朝鮮人外科医と独立軍密偵の境界に立った"イ·ヨンジン"役を、ユ・ジテは武装独立闘争を率いた義烈団長"キム·ウォンボン"役を演じ、二人が繰り広げる活躍が気にあるところだ。特に、冷徹なカリスマで悲壮感さえ漂うイ・ヨウォンとユ・ジテの姿は、祖国の独立のために「異夢(二つの道、一つの夢)」に向かって歩んだ二人の、変化に富む関係への期待を高める。

イム・ジュファンは、朝鮮総督府法務局所属の日本人検事"福田"役を、ナム・ギュリは魅惑的で堂々とした魅力の京城倶楽部ジャズシンガー"ミキ"に扮する。イム・ジュファンは鋭く、断固とした眼差しで、ナム・ギュリは微妙ながらも朦朧とした眼差しで視線を虜にしているが、二人がイ・ヨウォン、ユ・ジテとどのような関係を形成するか、四人の間の微妙な雰囲気が好奇心を刺激する。

このように『異夢』のメインポスターは激動の時代の中での自分の人生と信念までをも揺るがした選択をしたイ・ヨウォン、ユ・ジテ、イム・ジュファン、ナム・ギュリの姿と、彼らの張り詰めた緊張感をそのまま伝えていて目を引く。これに対し『異夢』ならではの密度高いスパイアクションに対する期待感を募らせている。

MBC特別企画『異夢』は、5月4日土曜日午後9時5分初放送予定だ。

<写真提供 –Blossom Entertaiment>