tvN月火ドラマ『偉大なショー(原題)』イム・ジュファン
「温かく、多くの学びがある作品、幸せな仕事だった。」




俳優イム・ジュファンがtvN月火ドラマ『偉大なショー(原題)』を終え、コメントを伝えた。

イム・ジュファンは、「僕にとって『偉大なショー(原題)』は、家族の意味を改めて考えることができる温かい作品でした。その中で、合理的で自分の信念を貫くため悩む'カン・ジュノ'という人物を通して、僕もまた多くの学びがありました。仕事と愛において、自分を信じて進む魅力的なキャラクターだったため楽しく撮影し、長く記憶に残ると思います。」とし、作品とキャラクターへの愛情を明かした。

続いて「ソン・スンホン先輩をはじめ、良い先輩、同僚俳優の方々と共にし本当に楽しい仕事でした。見えないところで苦労していただいた全てのスタッフの方々、最後まで『偉大なショー(原題)』を愛してくださった視聴者の方々にも心から感謝いたします。」と、共にした同僚、視聴者たちへ挨拶した。

イム・ジュファンは、『偉大なショー(原題)』で'カン・ジュノ'役を務め、政治においては信念を貫き、愛の前では一直線な姿で、冷徹さと柔らかさを使い分けドラマの面白さを更に追加したという評価だ。

一方、イム・ジュファンは来年上半期に放送されるMBC『ザ・ゲーム:0時に向かって』で、国立科学捜査法医官'ク・ドギョン'役を務め180度異なる姿で視聴者たちに会いに行く予定だ。


<写真提供 –Blossom Entertaiment>