俳優イム・ジュファンが演劇「欲望という名の電車」で舞台に立つ。

アメリカのピューリッツァー賞受賞作「欲望という名の電車」で’ブランチ・デュボア’は、愛する人々に捨てられ嘘で作られた自分だけの幻想の世界で生きていく。それが、現実的な欲求に忠実な’スタンリー’により幻想の世界が粉々に砕け散ってしまう姿を描いた作品だ。

劇中、’スタンリー’は不毛な現代社会を代表する人物として、現実的で物質的な欲望をさらけ出す。イム・ジュファンは、多数の作品を通して積み重ねてきた演技力で’スタンリー’の男性的なカリスマをより繊細に描き出す予定だ。

イム・ジュファンが舞台で披露する目新しい姿に今から注目が集まっている。

演劇「欲望という名の電車」は、先立ってパク・ヘミ、キム・イェリョン、コ・セウォン、イム・ガンソン、テ・ハンホ、ペ・ジョンファなどの俳優たちが出演を確定しており、10月8日から11月21日までHONGIK DAEHANGNO Art Center大劇場で公演が行われる予定だ。
(写真=BLOSSOM ENTERTAINMENT)


出処:Newsen